【集客効果抜群】インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリットについて解説

  1. HOME
  2. 【集客効果抜群】インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリットについて解説
世界

YoutubeやSNSが私たちの生活に根付き、従来のマーケティング手法も大きく変化しております。

そんな中「インフルエンサーマーケティング」は、現在もっとも効果のあるマーケティングの手段の1つです。

InstagramやTwitterの利用する人は、年々増えており今後ますますインフルエンサーマーケティングの重要性が増していくでしょう。

今からインフルエンサーマーケティングを導入しても遅くはありません。そこで今回はインフルエンサーマーケティングのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

そもそもインフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは、インフルエンサーの人を活用したマーケティング手法です。

インフルエンサーマーケティングは、SNSやブログなどで数百万人ものフォロワーを有しているインフルエンサーに、自社のサービスや製品を紹介してもらうことで、自社の認知度を上げてもらい購買意欲を高めてもらう効果を狙うことができます。

芸能人やモデルだけではなくある分野に特化した人物なども当てはまるので、一概に有名人だからインフルエンサーだとは言い切ることができません。

現在では一般人の人でもインフルエンサーになっている例もあるので、どういった人が自社のインフルエンサーマーケティングに最適なのかしっかりと吟味する必要があります。

(インフルエンサーマーケティングを成功させるための要素はいくつかあるのですが、この要素については別記事にて詳しく解説しているので、ぜひご覧になって下さい。)

インフルエンサーマーケティングは何が今までの手法と異なるのか?

インフルエンサーマーケティングは何が今までの手法と異なるのか?

今までの企業が行なってきたマーケティング活動では、企業が週飛車に対してCMなどを通じて情報を発信していました。

広告やCMといった手段では、あくまでも情報の発信者である企業の伝えたい情報が一方的に発信され続けるだけで終わってしまいます。

そのため本当に知りたい情報は知ることができず、CMでのサービスや商品のイメージという表面的なものしか伝わらないのが従来のマーケティングの特徴です。

一方でインフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーという人物を通してサービスや商品の特徴を知ることが可能になります。SNSなどでリプなども送ることができる、インフルエンサーという親近感のある存在から生きた情報を得ることができるのです。

CMや広告といったお堅いイメージのある手法から、生き生きとした身近の人による自社のサービス・商品の情報は消費者も共感を得やすくなりサービス・製品に大きく興味を持つきっかけになるでしょう。

その結果、インフルエンサーマーケティングは従来のマーケティング手法よりも効果を見込むことができるのです。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサーマーケティングのメリット

ここからはインフルエンサーマーケティングのメリットについて解説していきます。

インフルエンサーマーケティングとは何か、従来との違いのところでも少し触れましたが、インフルエンサーマーケティングは従来のマーケティングよりも大きな効果をもたらす可能性を秘めているのが大きな特徴です。

そこでインフルエンサーマーケティングのメリットについてさらに詳しく知っていきましょう。

消費者であるユーザーへの影響力が大きい

インフルエンサーは、自身の投稿するコンテンツや内容に親近感・共感しているフォロワーを多数抱えています。

インフルエンサーがSNSに行なう投稿の中で、利用しているサービスや商品を紹介すると、消費者であるユーザーも投稿に含まれたコンテンツに大きな関心を寄せるでしょう。

このように自社の認知度を高め、サービスの登録や商品の購入まで至るという結果まで生むほどの影響力をインフルエンサーは有しています。

広告やCMなどを避ける傾向にある消費者に対して、インフルエンサーを通すことでスムーズに購入まで導くことができるのです。

SNS上でユーザーが情報を拡散・シェアしてくれる

既存のCMや広告では、大きな話題性のあるものでない限り消費者の間で拡散されるといったことはほとんどありませんでした。

一方でインフルエンサーマーケティングでは、SNSを通じてインフルエンサーが投稿したコンテンツをユーザーが簡単にシェアすることで、様々な人の目に触れやすくなります。

企業としてはユーザーがシェアをしやすい企画を立てるだけで、拡散・シェアはインフルエンサーのフォロワーであるユーザーが行ってくれるので、CM・広告よりも高い効果を狙うことができるでしょう。

企業のターゲットであるユーザーをピンポイントで狙うことができる

インフルエンサーマーケティングでは、企業がサービス・製品を拡散したいターゲットであるユーザーをピンポイントで狙うことが可能です。

インフルエンサーをフォローしているユーザーは、インフルエンサーに応じて特定の年齢層・性別・職業が多くなりやすい傾向があります。

そのため既存のweb広告であるリスティング広告やディスプレイ広告などでも、一定の狙いを絞ることはできますが、インフルエンサーマーケティングでは既存のマーケティング手法以上の効率の良いマーケティングをすることができるでしょう。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサーマーケティングのデメリット

インフルエンサーマーケティングのデメリット

インフルエンサーマーケティングはメリットだけではなく、デメリットもあります。あらかじめデメリットを把握しておかないと、大きなトラブルが発生してしまう恐れがあるのでしっかりと認識し対策をしておきましょう。

インフルエンサーの炎上リスク

インフルエンサーマーケティングで最大のデメリットは、インフルエンサーの炎上リスクです。

インフルエンサーが中心となって、自社のサービス・製品の情報を発信しているので、炎上は致命的な問題となってしまいます。

インフルエンサーが炎上しないように、企業としても発疹の内容を事前に精査し確認することを怠らないようにする必要があるでしょう。

ステルスマーケティング(ステマ)と思われることも

インフルエンサーマーケティングは、ステルスマーケティングとは異なり企業の情報をしっかりと明記してコンテンツの配信を行います。

しかしユーザーによっては、ステマだと勘違いしてしまい炎上に繋がる恐れもあるので注意が必要です。

特にステマは現代のネットユーザーに嫌われている手法なので、ステマと思われない工夫が必要でしょう。

インフルエンサーマーケティングは現代で一番効果的なマーケティング手法

従来のマーケティング手法が頭打ちになる中、成長を続けているインフルエンサーマーケティング。

インフルエンサーマーケティングは現代でも最も効果的なマーケティング手法であり、導入することで大きなメリットもあります。

しかし同時にインフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーの炎上やステマの勘違いに注意を払わなければ失敗してしまう恐れも…。

デメリットに対してしっかりと対策を施して、インフルエンサーマーケティングを成功に導きましょう。

インフは広告ニーズとインフルエンサーを
マッチングするサービスです

インフの仕組み

inf(インフ)のメリットはこちら

  • 最小は600円~から!広告予算も自由自在に管理!
  • 広告知識が必要なし!インフルエンサーからの広告提案!
  • チャットでインフルエンサーと詳細な打ち合わせが可能!
  • 原則、広告審査・本人確認なしだからスピーディーな依頼が可能!*1
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単会員登録し、最短5分で依頼できる!
  • 幅広いジャンルに精通したインフルエンサーが登録中!
  • *1 運営判断により、ご本人様確認証を求める場合がございます。

inf(インフ)で簡単マーケティング 始めるならこちらから
30秒でカンタン無料会員登録 インフルエンサー・依頼主どちらでも無料で登録できる。会員登録して利用を始める
募集
する
メニュー ログイン 検索 ガイド 募集