【初心者必見】失敗しないインフルエンサーマーケティングの依頼方法

  1. HOME
  2. 【初心者必見】失敗しないインフルエンサーマーケティングの依頼方法
マーケティング

どうすればインフルエンサーマーケティングを上手に行うことができるのか気になっていませんか?

インフルエンサーマーケティングはステマと勘違いされやすいため、少しでも気を抜いてしまうと大炎上を招いてしまいます。せっかくお金を払うのだから炎上なんて絶対に避けたいですよね?

そこで今回はどうすれば失敗せずにインフルエンザマーケティングができるのかを紹介していきます。過去の失敗事例なども紹介しておくので、インフルエンサーマーケティングの初心者は必見の内容となっています。ぜひ最後までご覧ください。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

どんなことをしたら失敗する?

どんなことをしたら失敗する?

まずはインフルエンサーマーケティングで最も多い失敗要因を紹介しておきましょう。

1番の失敗は、ステマ(ステルスマーケティング)だと思われてしまうことです。ステマは詐欺のイメージが強いので、ステマだと思われないよう広告明記が必要です。また、投稿内容や投稿時期で失敗するケースも多いです。

例えば・・・

大災害後に広告を投稿すると、不謹慎だと大炎上してしまうことも。 炎上は企業のイメージダウンに繋がるので、注意が必要です。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサーマーケティングが失敗した事例

インフルエンサーマーケティングが失敗した事例

ここまでは主にどんなことをするとインフルエンサーマーケティングは失敗するのかを紹介してきましたが、次はさらに深掘りをした具体的な事例を紹介していきます。どんな事例を紹介するのか先にいっておきますと、以下のようになります。

  • 信頼できるインフルエンサーでなかった事例
  • 紹介しすぎで効果が出なかった事例
  • 依頼内容を公開した事例
  • フォロワー属性に合っていなかった事例

ではさっそく詳しく解説していきましょう。

信頼できるインフルエンサーでなかった事例

フォロワー数150万人の某インフルエンサーはイベントである服装を着用してするように広告主から依頼されていました。しかし依頼内容を果たさなかったのです。

ビジネスの世界ではありえない話ですが、インフルエンサーはビジネスのプロと言うわけではありません。信頼できるかどうか見極めをしなければ、払ったお金をドブに捨てることになります。

紹介しすぎで効果が出なかった事例

某インフルエンサーはコスメをYouTubeで紹介するよう依頼されました。しかし商品紹介をしすぎてしまい、ファンからの不評を買うことに。

つまり商品紹介を意識しすぎて、販促効果は全然出なかったのです。インフルエンサーマーケティングを行うなら、インフルエンサーらしい紹介を行うように指示しましょう。

依頼内容を公開した事例

某インフルエンサーはプロテイン製品について紹介しました。しかし、何のひねりもなく依頼内容をそのままコピー&ペーストしてしまったのです。当然、大炎上してしまいました。

インフルエンサーマーケティングを行うなら、オリジナリティーのあるないようにすべきとしっかり指示してください。

フォロワー属性に合っていなかった事例

某インフルエンサーが企業と契約を結び、コスメ商品の宣伝を行いました。しかし、某インフルエンサーのフォロワー属性は男性だったのです。当然ながら宣伝は失敗に終わることに。

インフルエンサーのフォロワーと、自社サービスのターゲットが違うともはや広告する意味はありません。自社サービスにフォロワー属性がマッチしているか確認しましょう。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

失敗しないためのインフルエンサーマーケティング依頼方法

失敗しないためのインフルエンサーマーケティング依頼方法

次は失敗しないための依頼方法を紹介していきます。先に結論を言いますと以下のような内容となっていますよ。

  • 自社商品とインフルエンサーの相性確認をしよう
  • フォロワー数だけでインフルエンサーを決めない
  • インフルエンサーとの打ち合わせは密に行う
  • 「話題づくり」を意識する
  • 効果測定は必ず行う

では早速紹介していきましょう。

自社サービスとインフルエンサーとの相性確認

インフルエンサーマーケティングを初心者は、フォロワー数が多ければ大丈夫と思ってしまいがち。しかしフォロワー数が多くても、自社サービスとフォロワー属性に乖離があれば効果は出ず、プロモーションとして失敗するでしょう。

事前に宣伝したいサービスとサービスのターゲット層を決めて、インフルエンサーのフォロワー層と比較してください。これで選定もスムーズになります。結果的にマーケティング効果も高まり、費用対効果を高めることも可能になるでしょう。

フォロワー数だけでインフルエンサーを決めない

前述していたようにフォロワー数だけでインフルエンサーを選ぶのは危険です。インフルエンサーマーケティングを行うなら、エンゲージメント率も確認しておきましょう。

フォロワー数が多くて、エンゲージメント率が高くないというインフルエンサーは多くいます。 常時エンゲージメント率が高いインフルエンサーと契約すれば、高い効果を見込めるはずです。

インフルエンサーとの打ち合わせは密に行う

売り込み臭の強い投稿は嫌われます。インフルエンサーマーケティングを行う時は、売り込み臭が出ないようにインフルエンサーと一緒に内容を作り上げてください。

まず最低限入れてほしい内容を決め、後はインフルエンサーに内容を決めてもらいます。 炎上要素がないとも限らないので、ダブルチェックをするのを忘れないでください。インフルエンサーと打ち合わせをしっかりとれば、安心かつ効果的な広告活動ができるはずです。

「話題づくり」を意識する

タイムラインから投稿が流れたら投稿を見てもらえる機会は減るため、PR用ハッシュタグを用意するなどして話題になりやすい仕組み作りが必要です。話題作りと言う観点であれば、複数人のインフルエンサーとコラボするのも手です。

タイムラインに何度も投稿が表示されるので、長期的な宣伝効果が期待できます。

効果測定は必ず行う

インフルエンサーマーケティングをするなら、効果計測は必ず行いましょう。自社アカウントのフォロワー数、自社ECサイトの売上などマーケティングに増加した要素は何なのか詳しく分析することで次回にも活かせます。

インスタグラムやTwitterには投稿効果を見ることができる機能があるので、施策後にインフルエンサーから提出してもらうとよいでしょう。

まとめ

以上がインフルエンサーマーケティングを失敗せずに依頼する方法です。上記で紹介した方法を参考にすれば、大きな失敗する事はないでしょうもしそれでも心配と言う場合はインフルエンサーマーケティングの専門仲介会社にお願いをすると安心ですよ。

インフは広告ニーズとインフルエンサーを
マッチングするサービスです

インフの仕組み

inf(インフ)のメリットはこちら

  • 最小は600円~から!広告予算も自由自在に管理!
  • 広告知識が必要なし!インフルエンサーからの広告提案!
  • チャットでインフルエンサーと詳細な打ち合わせが可能!
  • 原則、広告審査・本人確認なしだからスピーディーな依頼が可能!*1
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単会員登録し、最短5分で依頼できる!
  • 幅広いジャンルに精通したインフルエンサーが登録中!
  • *1 運営判断により、ご本人様確認証を求める場合がございます。

inf(インフ)で簡単マーケティング 始めるならこちらから
30秒でカンタン無料会員登録 インフルエンサー・依頼主どちらでも無料で登録できる。会員登録して利用を始める
募集
する
メニュー ログイン 検索 ガイド 募集