飲食店の広告媒体はSNSがオススメ【インフルエンサー起用で効果大】

  1. HOME
  2. 飲食店の広告媒体はSNSがオススメ【インフルエンサー起用で効果大】
飲食店の広告媒体はSNSがオススメ【インフルエンサー起用で効果大】

飲食店の広告媒体は何種類もあり、大きく分けると「インターネット広告」「マスコミ媒体」「セールスプロモーション(SP)」「SNS」の4つに分けられます。現在は特にSNSを使った口コミマーケティングが効果的と言われており、取り入れる企業も増えています。

しかし、それぞれの広告媒体の特徴を知らないと、本当に効果のある広告の手段が取れないまま、集客に手こずってしまいます。

今回は、それぞれの広告媒体についての特徴と、今話題のSNSマーケティングについて触れながら、解説していきます。飲食店やサービス業経営者で、今後のマーケティングの方向性について検討中の方、現在工夫をしているけどイマイチ効果が感じられないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

飲食店の広告媒体について特徴を解説

飲食店の広告媒体について特徴を解説

飲食店で活用されている広告媒体は、先ほどお伝えしたように主に4種類あります。

  • インターネット広告
  • マスコミ広告
  • セールスプロモーション
  • SNS

ここから、それぞれについてどんなものなのか、特徴などをお話ししていきます。

インターネット広告

インターネット広告とは、その名の通りインターネットを使用して企業が商品やサービスのマーケティングのために行うことで、通称「ネット広告」とも呼ばれます。その中でも数種類かあり、以下のようなものがあります。

  • バナー広告(ディスプレイ広告)
  • DSP(広告主のプラットフォーム)
  • リスティング広告
  • 成果報酬型広告
  • SNS広告
  • アドネットワーク(GoogleやYahoo!に掲載する広告)

これらは、インターネットや主にスマホの普及によって活用される場面が増えました。今後も、有効な手段と言えるでしょう。

マスコミ広告

マスコミ広告とは、「マス広告」とも呼ばれ、テレビのCM・ラジオのCM・新聞広告・雑誌広告の4つの媒体を言います。今回紹介している広告媒体の中では、割と昔ながらのマーケティング手法とも言えるでしょう。

マス広告には大きなデメリットが一つあり、広告費がかかること。大手企業ならば問題ありませんが、飲食店や個人のサービス業を経営している方にとっては、マス広告の効果はあってもかなり金銭面で厳しいのではと思われます。

セールスプロモーション

セールスプロモーションとは、消費者の購買意欲を向上するために行うマーケティング活動です。主に試食やキャンペーンなどを通じて、消費者の購買意欲を引き立てます。

イベントなどを開催することで、見込み客から顧客が増えることが予想されます。また、イベントやキャンペーンに対する来客数が多ければ多いほど、効果は高くサービスそのものの拡散にも繋がるでしょう。

SNS

最後にSNSを広告媒体とするマーケティング手法では、主にインフルエンサーを起用して、口コミマーケティングを行うことがほとんどです。また、SNSの媒体も種類があり、代表的なものが以下の6つです。

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • TikTok
  • YouTube

SNSに口コミを投稿してもらうことによって、インフルエンサーの影響力と信頼性、親近感をフルに活用して購買活動へ影響を与えます。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

飲食店の広告媒体にSNSを使うメリット3つ

飲食店の広告媒体にSNSを使うメリット3つ

今まで紹介してきた広告媒体の中でもオススメであり、現在注目されているのが、SNSを使った集客法です。ここからは、飲食店の広告媒体としてSNSを使用するメリットをご紹介します

口コミマーケティングが有効

先ほども少しだけお話をしましたが、SNSでの口コミマーケティングが効果的です。口コミマーケティングのメリットは、企業が直接消費者に宣伝をする必要がなく、口コミを通してより客観的な意見を知れることです。そして、口コミは何より消費者の経験をもとに語られているので、信頼性があります。

拡散性に優れている

飲食店の広告媒体として、SNSは拡散性に優れており情報が早く多くの人に広まります。その結果、短期間で集客をすることが可能になり、広告費面でもコスパが優れていると言えます。

また、SNSの拡散性は想像以上の効果を発揮することもあり、予想以上に売り上げが増加した、なんてことも考えられます。

SNSアルゴリズムが効果的

SNSのアルゴリズムにより、ユーザーの趣味や嗜好に合わせた投稿がオススメ表示されます。そのため、見込みのある消費者に広告が届くため、より効率的なマーケティングを行うことができます。

今までの広告では、「とにかく多くの人に届ける→その中で数パーセントの人が購買活動を行う」が基本でしたが、SNSのアルゴリズムでは「より購入見込みのある消費者へ広告を届ける→無駄のない効率的なマーケティング」となったのです。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

飲食店の広告は、Instagram×インフルエンサーがオススメ

飲食店の広告は、Instagram×インフルエンサーがオススメ

以上、これからの時代の広告媒体としてSNSが有効であることを解説しましたが、特に飲食店を経営される方にとっては、Instagramがオススメです。

その理由を紹介しますので、SNSやインフルエンサー起用などの口コミマーケティングを検討する際の参考にしてみてください。

写真の投稿がメインである

まず、Instagramの他のSNSとの違いは、写真の投稿がメインであることです。そして、LINEなどのクローズドなSNSと比較して、オープンなために多くの人に届きやすいメリットもあります。

話は逸れましたが、飲食店のイメージアップに大切なのは「美味しそうな写真」が一番効果的でしょう。どんなに綺麗な文章で美味しさの魅力を伝えても、飯テロ写真には敵わないものです。

匿名でも可能のため、反応をもらいやすい

飲食店の広告媒体として、Instagramの匿名でも利用できる特性はかなり活かせます。同じ写真を投稿する系のSNS媒体としては Facebookがありますが、大きな違いは実名か匿名かというところ。実名だといいね!やフォロワーリストも見られてしまうため、あまりいいね!やコメントをしない人が多いですが、Instagramでは匿名でも利用できるため気軽に反応をしやすいことも特徴です。

SNSは、いいね!が多かったりすると上位表示されたりするので、ユーザーからの反応は大切です。

始めやすく続けやすいので比較的楽である

Instagramは、他のSNSと比較すると乱暴なユーザーも少なく、アカウント運用が楽なこともメリットです。Twitterとかでは、かなり継続してツイートをしないとアルゴリズムに評価されなかったり、攻撃的なユーザーが多かったりします。

その面で、Instagramは写真だけの投稿でOKのため、若いインフルエンサーも多い傾向にあります。

飲食店の広告媒体などについてのまとめ

これまで、飲食店に最適な広告媒体について、 いくつかご紹介してきました。その中でも注目はSNSを使用したインフルエンサーマーケティング・口コミマーケティングであり、多額の広告費をかけずに情報を多くの人へ拡散んすることができます。

今回を機に、飲食店経営者の方は広告媒体の再検討をしてみてはいかがでしょうか。

インフは広告ニーズとインフルエンサーを
マッチングするサービスです

インフの仕組み

inf(インフ)のメリットはこちら

  • 最小は600円~から!広告予算も自由自在に管理!
  • 広告知識が必要なし!インフルエンサーからの広告提案!
  • チャットでインフルエンサーと詳細な打ち合わせが可能!
  • 原則、広告審査・本人確認なしだからスピーディーな依頼が可能!*1
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単会員登録し、最短5分で依頼できる!
  • 幅広いジャンルに精通したインフルエンサーが登録中!
  • *1 運営判断により、ご本人様確認証を求める場合がございます。

inf(インフ)で簡単マーケティング 始めるならこちらから
30秒でカンタン無料会員登録 インフルエンサー・依頼主どちらでも無料で登録できる。会員登録して利用を始める
募集
する
メニュー ログイン 検索 ガイド 募集