個人経営居酒屋がインフルエンサーを利用するメリット

  1. HOME
  2. 個人経営居酒屋がインフルエンサーを利用するメリット
個人経営居酒屋がインフルエンサーを利用するメリット

個人経営の店舗がインフルエンサーを利用する際のメリットを3項目に分けて説明をしていきます。

  1. そもそもインフルエンサーと飲食業界は相性が良い
  2. 特定のターゲットに向けたマーケティングが可能
  3. インバウンドに向けたマーケティングが可能
inf(インフ)の利用メリットはこちら

メリット1:そもそもインフルエンサーと飲食業界は相性が良い

インフルエンサーと飲食業界は相性が良い

グルメとインフルエンサーの相性

グルメに関する世間の関心は非常に強いです。 若者を中心に圧倒的人気を誇るSNS「インスタグラム」では、実際にインフルエンサーの投稿を見て、お店に足を運んでみたという人が4人に1人を占めています。

「インスタ映え」という言葉があるように、ファッションに対する関心が強いSNSですが、それに次いで「グルメ」が興味の対象となってきています。 この数値は、今後インフルエンサーのさらなる普及が期待できるIT社会において増加の一途をたどるとされています。

ライバル店との差別化を行なって現状を把握

今流行りの「一人飲み」をしてみたいけれど、自宅でくすぶっている、こんな潜在顧客も多くいます。彼らは、大手居酒屋よりも個人経営居酒屋を好みます。

「一人飲み」ですから誰に気を使うでもなく、かねてから行ってみたかった小規模のお店に興味を持っています。しかし、個人経営居酒屋の抱える悩みとして「入りづらさ」が挙げられます。

個人経営ってだけで「一見さんはお断り」感が出てしまいますし、立地的にも大手チェーンとは違い一歩裏手に入ったところであるケースもあります。でもお店に来てくれさえすれば、最高の接客と料理でもてなす自信はあるはずです。それぞれのテーブルに気配りの行き届いたサービスと、他では味わえない料理が個人経営ならでの「売り」なためです。

マッチする要素でインフルエンサーによる宣伝・PR

インフルエンサーを起用して「私のお店はおひとり様大歓迎!」ということが伝わるPRをすれば、お客さんに最初の一歩を踏み出させることが出来ます。そうすれば、一度来てくれたお客さんがインフルエンサー的な役割であなたのお店をSNS上で紹介し、それがさらにインターネット上に広がっていくという好循環を生み出すことが来ます。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

メリット2:特定のターゲットに向けたマーケティングが可能

特定のターゲットに向けたマーケティング

インフルエンサーマーケティングにおいてターゲティングの重要性

インフルエンサーを起用することで、ターゲットを特定したマーケティングが可能です。彼らはそれぞれが得意ジャンルを持っているため、必然的にフォロワー(潜在顧客)の趣味趣向もそれに似たものが多いです。そのため、あなたがターゲットとしたい市場(フォロワー)に対してピンポイントでPRすることが出来ます。

インフルエンサーによる宣伝・PRの費用対効果

「有名人」や「広告代理店」を使うとなると、集客予想を立てることが厳しいですし、なによりマーケティングコストがかさみます。 一方、インフルエンサーというのはSNSを通じてフォロワーと日ごろから接点を持っているため、「世間により近く、身近な存在」です。 実際にチャット形式でやり取りをしていますし、潜在顧客(フォロワー)と広告主との距離間の近さはインフルエンサーならではの魅力です。

そんな彼らを広告塔とすることで、あなたのお店がより身近に感じられ「行ってみようかな」という気持ちを具体的に生み出すことが出来ます。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

メリット3:インバウンドに向けたマーケティングが可能

インバウンドに向けたマーケティング

世界で流行しているSNS媒体での広告宣伝による効果

インバウンド、いわゆる外国人観光客という市場も十分獲得できるのがインフルエンサーを起用するメリットとして挙げられます。 Instagram・Twitter・YouTubeなどどのSNSも海外発信のものが多いです。日本に来る外国人観光客はSNSでの情報をもとに行動するケースが多いです。

そもそも、海外では「バー」や「クラブ」はありますが、「居酒屋」という業態は日本独自の文化で、彼らにとっては珍しく、「観光スポット」として捉えられています。そんななか、SNSはもとより、さらに今後「インフルエンサー×居酒屋」というマーケティング方式が主流になりえる存在が現れ始めています。

YouTuberによるインフルエンサーPRが最も効果的

中でも効果的なのが「Youtuber」の存在です。 実際に海外のYoutuberが日本の「Izakaya」を訪れ、どのようなものなのか「How to+レビュー」の動画を投稿し、実際にインフルエンサーとして起用されている例も出てきています。

彼らが動画内で伝えている具体的な内容としては、「注文の仕方」や「英語メニューはあるのか」、また「店内の雰囲気」や「スタッフとの会話」など“動画”だからこそ伝えられる&本当に外国人が知りたいリアルなものです。

またそんな外国人の姿を見て、実際に店舗を柔軟に変化させていけるのが個人経営居酒屋の強みです。規模の大きい居酒屋ですと、店舗ごとに対応を変えるというのはなかなか難しいものがあります。

しかし個人経営居酒屋であれば、臨機応変に店の雰囲気やおススメメニューを変化させることが可能で、訪日観光客を喜ばすことができ、それがさらなる口コミを生むというサイクルを作り出すことが出来ます。

まとめ

以上の3つのメリットから、個人経営居酒屋ならではの「新規顧客の獲得」という課題を、インフルエンサーは解決してくれることが分かります。 潜在顧客に最も近いかつインターネットという世界で莫大な影響力を誇る彼らを利用することで、新規だけでなく、これまでに考え付かなかった市場の開拓も可能となります。

インフは広告ニーズとインフルエンサーを
マッチングするサービスです

インフの仕組み

inf(インフ)のメリットはこちら

  • 最小は600円~から!広告予算も自由自在に管理!
  • 広告知識が必要なし!インフルエンサーからの広告提案!
  • チャットでインフルエンサーと詳細な打ち合わせが可能!
  • 原則、広告審査・本人確認なしだからスピーディーな依頼が可能!*1
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単会員登録し、最短5分で依頼できる!
  • 幅広いジャンルに精通したインフルエンサーが登録中!
  • *1 運営判断により、ご本人様確認証を求める場合がございます。

inf(インフ)で簡単マーケティング 始めるならこちらから
30秒でカンタン無料会員登録 インフルエンサー・依頼主どちらでも無料で登録できる。会員登録して利用を始める
募集
する
メニュー ログイン 検索 ガイド 募集