インフルエンサーへのPR依頼は効果ある?ネット広告と比較してみた

  1. HOME
  2. インフルエンサーへのPR依頼は効果ある?ネット広告と比較してみた
インフルエンサーへのPR依頼は効果ある?ネット広告と比較してみた

話題のインフルエンサーマーケティングとは、SNSで影響力のあるインフルエンサーと呼ばれる方々に企業商品やサービスを宣伝してもらい、販売促進を行うマーケティングの手法です。現在は、美容系・グルメ系・ペット系など、様々なジャンルでインフルエンサーにPRを依頼する企業が増えています。

しかし、「インフルエンサーに依頼をするのが自社のマーケティングに効果的なのか」、「ネット広告とどちらを運用すべきなのか」ということを知らないと、いざインフルエンサーに依頼をしたが思うようにいかなかった、という場合もあります。

今回は、インフルエンサーにPR依頼をする場合と、Google広告やYahoo広告でPRを行う場合のどちらがより効果的なのかをご紹介していきます。インフルエンサーへのPR依頼を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサーへPR依頼をするメリットとは?

インフルエンサーへPR依頼をするメリットとは?

インフルエンサーとは、SNSを筆頭とする「影響力」を持つ人たちのこと。その影響力を生かしてPRを行うメリットは、以下の5つが挙げられます。

広告への嫌悪感が少ない

現代では、ネットサーフィンをするにも、YouTubeを見るにも、SNSを見るにも、何にしても広告が表示されます。しかし、そのような広告が繁栄しすぎたせいでもあるのでしょうが、広告に対して嫌悪感を抱く人も多いです。

そこでインフルエンサーに企業のPRを依頼することで、自動的に表示される広告に対するイメージでは無く、自然な形で商品に興味のある人へ届けることができます。

親近感から購買意欲が増す

インフルエンサーに依頼してPRをする目的は、企業の販売促進や市場拡大がメインのはずです。インフルエンサーはみんなの憧れでもあり、そして「なんとなく身近に感じる存在」でもあります。

そんな親近感のあるインフルエンサーがPRをするからこそ、消費者の購買意欲が増すのです。そのため、インフルエンサーに依頼をすることは、現代でかなり効果的なマーケティング手法だと言えます。

SNSアルゴリズムの観点で効果的

SNSではタイムタイン上に表示されるコンテンツにアルゴリズムが存在し、ユーザーが「いいね」や「コメント」を残した人や、お互いにSNSでよく絡みがあるアカウントは上位表示がされる仕組みなのです。

そのため、依頼をするインフルエンサーのフォロワー層と商品の相性が良ければ良いほど、インフルエンサーへのPR依頼は効果を発揮するということ。このような観点からも、インフルエンサーマーケティングは効果的だと言われています。

マッチするジャンルだと、より効果的

上記でもお話ししたように、「企業側」と依頼するインフルエンサーの「フォロワー」のジャンルが近ければ近いほどに、効果的となります。

Google広告やYahoo広告でもユーザーの趣向に適したものが表示されるとはいえ、SNSによる心理的な購買意欲には敵わないでしょう。それは、インフルエンサーが今までに築いてきたフォロワーとの信頼や距離感が、より効果的なPRを生むのです。

普段から見てる人(インフルエンサー)なので信頼性がある

最後に、インフルエンサーの強みはなんと言っても「信頼」です。ネット広告で見るような、どこの誰かも分からない広告モデルの方よりも、いつも見ているインフルエンサーがPRをした方が信頼性が高いのは事実。ユーザーの好みに合わせて表示されるようなネット広告にはない、インフルエンサー依頼の強みだと言えます。

これらを頭に入れつつ、Google広告やYahoo広告との違いを見ていきましょう。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサーへのPR依頼とネット広告どっちを選ぶべき?

インフルエンサーへのPR依頼とネット広告どっちを選ぶべき?

結論をお話しすると、ジャンルや目的にもよりますが、基本的にはどちらを選んでもOKです。というのも、ここまでインフルエンサーにPR依頼をするメリットをお話ししてきましたが、Google広告やYahoo広告ももちろん有効な手段であります。

ただ、現代はどんどん企業がインフルエンサー起用を取り入れ、広告費を回しているのは事実です。これからも、インフルエンサーへのPR依頼が増えていくでしょう。

どんな商品を売りたいのか

まずは、「何を売るのか」です。特に、女性向けの商品はインフルエンサー依頼によるPRが良いと考えられます。理由は、女性は購買行動において集団心理がはたらくとも言われるように、口コミやレビューなどでとにかくオススメするのが効果的です。

その点において、「あのインフルエンサーも使ってるから私も欲しい!」などといった心理が働くことで、ネット広告以上の購買意欲がかき立てられることでしょう。例えで言うならば、美容・スキンケア・美容グッズ・ダイエットグッズなどはインフルエンサーPRが良いです。なんの商品を売りたいのかによって、Google広告やYahoo広告などのネット広告を利用するのか、インフルエンサーに依頼をするのか、見極める必要があります。

ターゲットの年齢層はどこなのか

上記に続いて、ターゲットとしている層は何歳ぐらいなのかによって、インフルエンサー起用をすべきか検討する必要があります。

お気づきかもしれませんが、やはり若者向けの商品は断然インフルエンサーへの依頼が最も効果的です。逆に、SNSの利用率が低い世代へのアプローチであれば、インフルエンサー起用よりもネット広告での集客しか手段はなさそうです。

今や50代・60代の方でもSNSを使いこなすことも多いため、この変わりつつある時代ではインフルエンサーマーケティングが、かなり効果的なのかもしれません。

インフルエンサー起用で集客はラクになる

以上の内容から分かるように、インフルエンサーへのPR依頼は上手く企業と噛み合うとかなりの効果を発揮します。

そして、現在いろんな企業がインフルエンサー起用を取り入れているように、時代は傾きつつあります。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサーへ依頼をする際の注意点

最後に、インフルエンサーへPR依頼をする場合の注意点を3つ、解説します。

フォロワー層とマッチするかどうか

実際にインフルエンサーへ依頼をし、PRしてもらったが反応はイマイチ…なんて場合も。その原因の一つとして、フォロワー層とマッチしていないことが挙げられます。

どんなにいい商品と影響力のあるインフルエンサーであっても、全く別ジャンルの市場でマーケティングをしても意味がないです。

インフルエンサーへ依頼をするときは、インフルエンサー側のフォロワー層についてもリサーチすることが重要です。

ライフスタイルやイメージとかけ離れていないか

先ほどの内容と似てる部分もありますが、フォロワーにとって、インフルエンサーは夢や理想・憧れを抱く人ですので、あまりにもギャップがありすぎるとかえってマイナスイメージとなったり、インフルエンサーに依頼をした効果は薄れてしまいます。

つまり、影響力だけでインフルエンサーを判断して依頼しないことが大切になるでしょう。普段どんな内容の投稿をしているのか、フォロワーからのイメージはどうなのかなど、事前に調査をしておくべきと言えます。

フォロワーのアクティブ率

そして、数だけのフォロワーに騙されてもいけません。フォロワー数だけを見て「この方は影響力がある」と決めるのは危険すぎるので、フォロワーのアクティブ率や、普段のツイートに対する反応なども見ていきましょう。

フォロワー数が多くてもあまりにも反応が低いインフルエンサーは、もしかするとフォロワーを購入している可能性もありますし、逆にフォロワー数こそめちゃくちゃ多いわけでは無くても、濃いフォロワーのいるインフルエンサーの方が効果的だったりもします。

インフルエンサーへのPR依頼についてのまとめ

これまでの内容をまとめると、現代ではインフルエンサーマーケティング市場が拡大していること・Google広告やYahoo広告と比較して信頼性やフォロワーとの相性がマッチすると、インフルエンサーマーケティングは効果絶大であることでした。

また、インフルエンサーに依頼をしてPRをする場合は、よく吟味して相性の合うインフルエンサーに依頼をすることが大事になります。

インフは広告ニーズとインフルエンサーを
マッチングするサービスです

インフの仕組み

inf(インフ)のメリットはこちら

  • 最小は600円~から!広告予算も自由自在に管理!
  • 広告知識が必要なし!インフルエンサーからの広告提案!
  • チャットでインフルエンサーと詳細な打ち合わせが可能!
  • 原則、広告審査・本人確認なしだからスピーディーな依頼が可能!*1
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単会員登録し、最短5分で依頼できる!
  • 幅広いジャンルに精通したインフルエンサーが登録中!
  • *1 運営判断により、ご本人様確認証を求める場合がございます。

inf(インフ)で簡単マーケティング 始めるならこちらから
30秒でカンタン無料会員登録 インフルエンサー・依頼主どちらでも無料で登録できる。会員登録して利用を始める
募集
する
メニュー ログイン 検索 ガイド 募集