Twitterの宣伝効果はあるのか?効率的にPRをする方法

  1. HOME
  2. Twitterの宣伝効果はあるのか?効率的にPRをする方法
Twitterの宣伝効果はあるのか?効率的にPRをする方法

Twitterとは、今は国内で4,500万人以上の利用するSNSサービスで、「ツイート」と呼ばれる140文字以内の文章を投稿することができます。

また、現在はTwitterでインフルエンサーを起用し宣伝(PR)を依頼することで、口コミ効果より企業の商品やサービスの売り上げ増加を目指すマーケティング手法が有効とされています。

さらに、Twitterで宣伝をするメリットや他のSNSとの違いも理解しておくと、より効果的にTwitter宣伝を使いこなすことができ、売り上げ増加に繋がるでしょう。

今回は、Twitter宣伝をするメリットを他のSNSと比較しながら紹介、さらにTwitterでインフルエンサー起用やPR依頼をする際のポイントをお話しします。Twitterでの広告等をお考えの企業の方は、ぜひ本記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

Twitterで宣伝や口コミをする効果は?

現代はSNSを使ったマーケティング手法がかなり有効とされており、特に拡散性に優れたTwitterでは、主にSNS上で影響力を持つインフルエンサーを起用して、口コミ要素のあるPR投稿をしてもらうことが多くあります。

インターネット上の広告に比べSNSで宣伝をすることは、ユーザーがより親近感を感じ、購買意欲の促進に繋がるでしょう。今やネット記事よりもSNSでの口コミや宣伝の方が、信頼性があると感じる人も少なくはないようです。

Twitterでの宣伝活動が有効な理由

Twitterでの宣伝活動が有効な理由

数あるSNSの中から、なぜTwitterが有効とされているのか?ここについて、解説をしていきます。とはいえ、他のSNS媒体でも宣伝をするのには効果的です。今回は、Twitterならではの強みをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

Twitterの投稿の気軽さ、見やすさ

まずはTwitter独自の、投稿のラフさではないでしょうか。「140文字以内のツイートに要点をまとめなければいけない」ということは、フォロワー側としてはたった140文字から様々な情報を入手するわけです。

InstagramやFacebookだと、1つの投稿でも長文でコメント欄に想いを綴る人もいますが、Twitterはより簡潔にまとめる必要があります。だからこそ、短時間で宣伝やセールスライティングをして購買意欲へと繋げるためには、効果的な手段でもあるのです。

他のSNSより優れた拡散性

また、Twitterで宣伝をするとリツイートや引用リツイート、いいね等で関連性のある人(例:フォロワーのフォロワー)に拡散されます。この「拡散性」がTwitterは他のSNSと比較しても群を抜いて優れているため、一度に短期間で大勢に拡散するのに向いていると言えるでしょう。

残念ながら、InstagramやFacebookにはリツイート機能などの大勢に拡散する機能はなく、拡散がしにくいシステム設計となっています。

そのため、より拡散性を意識した宣伝を行う場合は、Twitterでの宣伝でほぼ決まりかなと思います。

ユーザー数が多い

Twitterの強みは、なんといってもユーザー数が多いのです。(2017年段階で4,500万人超え)ということは、もし商品やサービスを宣伝した時に、PRを見るかもしれない母数が増えるということ。

そのため、拡散性だけでなくユーザー数も多いためにより大勢の元へとPRが届きます。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

Twitterでインフルエンサー起用をして宣伝するメリット

Twitterでインフルエンサー起用をして宣伝するメリット

それでは、仮にTwitterで宣伝をするためにインフルエンサーを起用したとしましょう。その際のメリットをいくつかご紹介します。

Twitterの拡散性を生かしたPRが可能

先ほども申したように、Twitterは驚異の拡散性を持ちます。そのため、インフルエンサーの影響力を掛け合わせてTwitterならではの宣伝を行えるでしょう。

SNSといえば色々と種類がありますが、ここまで拡散性に優れているのはTwitterだけです。うまくターゲットを絞って、インフルエンサーを起用し宣伝をしていけば、いずれ企業の売り上げ増加へとつながることでしょう。

SNSアルゴリズム的に有利である

SNSアルゴリズムとは、自分と関連するコンテンツを上位表示しやすくなるシステムのことです。相互フォローの人、いいねやコメントをよくくれる絡みが濃い人、身近なインフルエンサーなどが上位表示されやすいでしょう。

そして、インフルエンサーマーケティングをする上で大事なのが、SNSアルゴリズムを意識することです。特にTwitterの利用を検討中のお方は、SNSアルゴリズムの仕組みを理解しておくと、インフルエンサー起用もラクになるでしょうし、何よりもある程度の予想が立つことです。

広告が嫌いな人でも見てもらえる

ネット広告の普及し過ぎにより広告が嫌いな人も多いですが、インフルエンサーを起用したマーケティング・PR法であれば、いい意味で広告らしさがないことが強みでしょう。

インターネットを利用する上で広告は無限と言っていいほど表示されますが、バツボタンを押して非表示にしてしまう人もいます。しかし、このように広告自体を見る人がいなければ、あまり意味がありません。

そこで、広告嫌いな人が多くてもファンの多いインフルエンサーがPRをすることで、ファンは「同じものが欲しい!」という心理から、購買意欲が働くでしょう。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

Twitterでの宣伝・インフルエンサー起用のポイント3つ

ここからは、実際にTwitterで宣伝効果を狙っていき、インフルエンサーを起用する上でのポイントを解説します。インフルエンサーを起用する際、影響力があれば誰でも良いというわけではないので、少しでも参考になればと思います。

若年層を狙うと効果的

まず1つ目に、ターゲットとする年齢層は若い方が効果的でしょう。理由はTwitterのユーザー年齢層と関係しており、Twitterは他のSNSと比較して若年層(10代~20代)が多い傾向にあるからです。

逆に、中高年向けの商品の場合は既存のネット広告でも効果を見込めるかもしれません。とはいえ、今はSNSのパワーがかなり大きいですので、商品やサービスによってはTwitterで宣伝をする方が効果的な例も多いことでしょう。

フォロワーがアクティブかどうか

次に見るべきポイントは、フォロワーがアクティブに活動しているかどうかです。実際、フォロワーやいいねは購入することができますので、インフルエンサーによってはそのような行為をしているケースもあり得ます。

そのため、「フォロワー数は多いけど普段のツイートは反応が悪い」「フォロワー数こそトップレベルほど多くはないけど、フォロワーと濃い関係を築いている」などを見極めましょう。これはすべてのインフルエンサーに該当することではありませんが、稀にあるケースなので予想しておくと安心だと思われます。

ターゲットと市場がマッチするかどうか

最後に、商品やサービスのターゲットとインフルエンサーのフォロワーのジャンルが合うか、という部分にも目を向けなければいけません。どんなに影響力のあるインフルエンサーを起用しても、商品ジャンルとマッチせずに効果がイマイチだったりすることも。

この辺りについては、Twitterで宣伝をしてもらえそうなインフルエンサーをリサーチする際に、「普段の投稿内容」「フォロワーからのイメージ」「他のSNS媒体での活動」などを見ておくと良いでしょう。

商品ターゲットをTwitter市場がマッチすることで、拡散力があるTwitterではかなりの効果を見込めますので、起用するインフルエンサーの選定は新著に行うことが大切です。

Twitterでの宣伝についてなどのまとめ

今回は、Twitterで宣伝をする際のメリット・Twitterでインフルエンサー起用をする際についてのポイントなどをお話ししました。

Twitterでの宣伝は、他のどのSNSにも負けない拡散性を持っているため、広告塔となるインフルエンサーとの相性次第で、かなりの売り上げが見込めることでしょう。

広告媒体はたくさんありますが、それぞれに良さがあります。ぜひ、商品・サービスにあったPR方法を利用してみてください。

インフは広告ニーズとインフルエンサーを
マッチングするサービスです

インフの仕組み

inf(インフ)のメリットはこちら

  • 最小は600円~から!広告予算も自由自在に管理!
  • 広告知識が必要なし!インフルエンサーからの広告提案!
  • チャットでインフルエンサーと詳細な打ち合わせが可能!
  • 原則、広告審査・本人確認なしだからスピーディーな依頼が可能!*1
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単会員登録し、最短5分で依頼できる!
  • 幅広いジャンルに精通したインフルエンサーが登録中!
  • *1 運営判断により、ご本人様確認証を求める場合がございます。

inf(インフ)で簡単マーケティング 始めるならこちらから
30秒でカンタン無料会員登録 インフルエンサー・依頼主どちらでも無料で登録できる。会員登録して利用を始める
募集
する
メニュー ログイン 検索 ガイド 募集