Yahoo広告の効果は薄れつつある【結論:インフルエンサー起用しよう】

  1. HOME
  2. Yahoo広告の効果は薄れつつある【結論:インフルエンサー起用しよう】
Yahoo広告の効果は薄れつつある【結論:インフルエンサー起用しよう】

Yahoo!広告は、国内トップシェアを誇るYahoo!のブラウザで広告を出稿できるサービスです。広告の種類は「リスティング広告」と「ディスプレイアドネットワーク」の2種類があり、いろいろな方法でマーケティングを行うことが可能です。

しかし、近年Yahoo!広告のインプレッションが激減しており、その原因はいくつか考えられます。また、現在話題になりつつあるのが「インフルエンサーマーケティング」というもので、今後さらに普及が進むと言われています。

今回の記事では、Yahoo!広告について効果はあるのかなどを解説した上で、今話題のインフルエンサーマーケティングについてご紹介します。企業関係者の方は、ぜひ今回の内容を今後の経営でご参考にしてみてください。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

Yahoo!広告の効果について解説

Yahoo!広告とは、お金を払うことでYahoo!JAPANに広告を出稿することができるサービスです。広告を出稿して企業の商品やサービスをPRすることで、売り上げ増加などを目指していくマーケティング手法です。

また、広告の種類は主に、検索結果画面に表示される「リスティング広告」と、一般サイトやアプリの広告枠に表示される「ディスプレイ広告(YDN)」の2種類があります。

Yahoo!広告の効果が薄れた理由

Yahoo!広告の効果が薄れた理由

Yahoo広告を利用した企業は、近年では新規のお客さんが減少傾向にあるとのデータもありました。その内容は、「広告のインプレッション(表示回数)が激減した」というもの。Yahoo!広告の効果が薄れた理由は、以下の3つだと考えられます。

  • Googleが国内シェアを占めた
  • 広告を嫌う人が増えた
  • SNSの時代になった

順を追って、解説していきます。

Googleが国内シェアを占めた

その名の通り、Googleが検索エンジンのシェアを占めたのです。

あるデータによると、日本国内の検索エンジンのシェアは、PCは「Googleが約76%、Yahoo!は約15%、その他検索エンジンは約9%」となっており、またモバイルは「Googleが約74%、Yahoo!は約24%、その他検索エンジンは約2%」となっています。

このことからも分かるように、現在はGoogleの国内シェアが大部分を占めており、Yahoo!検索はそもそものユーザー数が減っていることが分かります。いくら広告費をかけようが、ユーザーの分母が少なかったら効果は少ないです。

広告を嫌う人が増えた

インターネットを使う上で広告は避けられないものですが、現代では広告に慣れすぎた分、自然と広告をスルーする人や、広告嫌いな人が増えているのも現実です。広告を見ると「自分には関係ない」と非表示にする人も多いので、難しい問題かもしれません。

SNSの時代になった

そして、検索エンジンよりもSNSで検索をする人が増えたことも、Yahoo!広告減少の一つです。

特に10~20代の若い世代では、SNSの普及率が半端なく増えていますので、広告宣伝費の使い道がYahoo!広告やGoogle広告から変わりつつあるようです。

現代ならではの風習とでも呼ぶべきでしょうか、インターネットブラウザの使用率が減っていることも視野に入れなけらばなりません。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

Yahoo!広告の効果が薄れた現在にするべきこと

Yahoo!広告の効果が薄れた現在にするべきこと

Yahoo!広告の効果が徐々に薄れてきているため、今からYahoo!広告の市場に参入するのは厳しいと思われます。現段階から広告に対して出来る対策をご紹介したいと思います。

広告費を無駄に使わない

まず、Yahoo!広告などで広告のインプレッションが増えないからと言って、どんどん広告費を投げ込むのはやめましょう。先ほどお伝えしたように、Google広告の独占シェアや、SNSの普及などにより、Yahoo!広告の市場自体が小さくなっているのです。

Google広告の方が辛うじて有効である

上記のことから分かるように、ネット広告を利用するならばGoogle広告のほうが有効でしょう。

Yahoo!広告の効果が激減したのは、国内シェアのほとんどをGoogle広告が占めていることがかなり影響しています。より多く広告が表示したい場合は、Google広告を選んでおくと良いでしょう。

しかし、それよりも大きな市場がSNS市場です。

検索はSNSの時代であること

以上のことから分かるように、現代はSNSマーケティングの市場がかなり拡大・発達しています。そのため、Yahoo!広告やGoogle広告よりもSNSの市場を利用して広告・PRをすることが効果的といえます。

次からは、現代で効果的なマーケティング手法、「インフルエンサーマーケティング」について、解説していきます。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

Yahoo!広告よりも効果のあるマーケティング法とは

Yahoo!広告の効果が薄れ、Google広告が主流になってきたとはいえ、SNS市場の拡大が近年注目されています。そして、これから紹介する「インフルエンサーマーケティング」が、今までのネット広告を使用したマーケティング手法より効果のある手法となります。

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは、その名の通りインフルエンサーを起用してPRをしてもらい、主にSNSを使って行うマーケティング手法です。

インフルエンサーとは、社会的に影響力を持つ人たちのことで、インフルエンサー起用によって、従来のネット広告に比べてよりニッチな層や、ターゲットを絞って商品やサービスのPRが可能になるでしょう。

特に若い世代をターゲットとしたインフルエンサーマーケティングが注目されていて、起用したインフルエンサーのフォロワー層やジャンルにマッチする商品やサービスであればあるほど、効果を発揮します。

口コミ寄りな共感性のあるマーケティング

インフルエンサーマーケティングの実際の流れは、企業側がインフルエンサーに商品提供をし、それをインフルエンサー自身がSNSで紹介するというものです。

なんと言っても、強みは「口コミ要素が強い」というところでして、インフルエンサーとファンの関係ならではの共感や親近感から、購買意欲促進の効果があると言われています。

Yahoo!広告の効果などについてまとめ

Yahoo!広告の効果が薄れているのではないか、という疑問を抱える方は少なくないでしょう。しかし、それはGoogle広告の独占シェア、広告嫌いな人が多い、そして何よりもSNS市場の拡大が大きく関係しています。

今後のマーケティング市場では、よりインフルエンサーなどターゲットにとって親近感かつ影響力のある人を広告塔として、企業の売り上げ増加を目指していくことになるでしょう。ぜひ、インフルエンサー起用を検討してみてはいかがでしょうか。

インフは広告ニーズとインフルエンサーを
マッチングするサービスです

インフの仕組み

inf(インフ)のメリットはこちら

  • 最小は600円~から!広告予算も自由自在に管理!
  • 広告知識が必要なし!インフルエンサーからの広告提案!
  • チャットでインフルエンサーと詳細な打ち合わせが可能!
  • 原則、広告審査・本人確認なしだからスピーディーな依頼が可能!*1
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単会員登録し、最短5分で依頼できる!
  • 幅広いジャンルに精通したインフルエンサーが登録中!
  • *1 運営判断により、ご本人様確認証を求める場合がございます。

inf(インフ)で簡単マーケティング 始めるならこちらから
30秒でカンタン無料会員登録 インフルエンサー・依頼主どちらでも無料で登録できる。会員登録して利用を始める
募集
する
メニュー ログイン 検索 ガイド 募集