インフルエンサーを活用するメリット3つ【ネット広告との違い】

  1. HOME
  2. インフルエンサーを活用するメリット3つ【ネット広告との違い】
インフルエンサーを活用するメリット3つ【ネット広告との違い】
インフルエンサーを活用するメリット3つ【ネット広告との違い】

今まで主流であったGoogle広告・Yahoo広告とは、主に企業のサービス促進のためのオンライン広告で、自社サイトにユーザーを呼び込んだり店舗への来店数を増やすメリットがあります。

それに比べ、最近ではインフルエンサーを広告塔としてサービス促進を進めていく「インフルエンサーマーケティング」が普及してきました。

今後このような手法のマーケティングが主流になっていくであろう中で、インフルエンサーを活用して企業の売り上げを底上げしていくことはかなり有効であると言えます。そこで、なぜGoogle広告やYahoo広告よりもインフルエンサー活用の市場が広がっているのか、どんなメリットがあるのかを抑えておくべき要素です。

今回は、インフルエンサー活用が注目されている理由・活用するメリット3つ・起用のポイントなどを、Google広告やYahoo広告と比較しながらご紹介していきます。現在インフルエンサー雇用を検討中の方や、インフルエンサーの活用について気になるという方は、ぜひ記事をご覧ください。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサーを活用するとはどういうこと?

インフルエンサーを活用するとはどういうこと?

インフルエンサーに広告をしてもらい、商品・サービスの売り上げ増加を目指すことを「インフルエンサーマーケティング」と言います。

そこで、起用するインフルエンサーをいかに上手く活用できるかがカギとなり、企業とインフルエンサーのターゲットとする層がマッチすると、多くの利益が発生することでしょう。 インフルエンサーの活用をすることで、今までと何が変わったのでしょうか?

インフルエンサーの活用が注目されている理由

理由は主に3つあり、それぞれ解説していきます。

インターネット広告が普及し過ぎた

まず言えるのが、ネット広告が普及し過ぎたことで、広告を嫌う人が増えたこと。あからさまなインターネット広告ばかりが蔓延したせいで、「広告=嫌い」「広告=お金」を連想する人が増えたことでしょう。

そこでインフルエンサーを広告塔として宣伝をした結果、「自分には関係ない」とスルーする人が減ります。どんなに広告費にお金をかけていても、そもそもの広告が見られなかったら意味がなくなってしまいます。

化粧品一つをとっても、怪しく見えるLP広告より、好きなモデルやYouTuberが紹介している方が、無視されづらいのです。

購買意欲促進の効果がある

先ほどの内容と似てますが、「好きな人が使ってるから!」という理由で購買意欲促進に繋がります。

芸能人が広告をするよりも、親近感があってなおかつ人気のインフルエンサーが紹介するからこそ、つい商品が欲しくなるはずです。

影響力のあるインフルエンサーを活用することで、マネタイズがグッと楽になります。

SNSの利用でフラットなコミュニケーションが可能

今までは、ブログサイトでインフルエンサーが広告をすることが多かったですが、最近はSNSでの広告が主流になりました。

SNSの拡散性だけでなく、リアルタイムで繋がれている親近感や同じ属性のフォロワーが集まることで、ネット広告に比べ見込みのあるお客さんが集まります。

そして、SNSという会話に近いコミュニケーションによって、友達に進められている感覚で購入につながったりもします。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサーを活用するメリット3つ

インフルエンサーを活用するメリット3つ

インフルエンサー活用について、Google広告やYahoo広告と比較したメリットは以下です。

  • ネット記事の口コミよりも信頼性がある
  • インフルエンサーという親近感
  • SEOに左右されない

ネット記事の口コミよりも信頼性がある

インフルエンサーは基本顔出し+ライフスタイルを公開しているので、匿名でステマも可能なブログ記事・口コミ記事に比べて、すでにフォロワーとの信頼関係はできています。

Google広告やYahoo広告でも、表示された広告だけを見ても商品やサービスの信頼性は図れないので、怪しいと思う方は多いのがネットとなります。「信頼性」という点で、インフルエンサーの活用はかなりメリットがあると言えます。

「インフルエンサー」という親近感

先ほども少しお話をしましたが、インフルエンサーの一番の売りは親近感であり、ネット広告にはないメリットです。「あのインフルエンサーが使ってるから、私も使ってみたいな」と自然と思うことで、購買意欲、そして売上につながります。

SEOに左右されない

さらに、SNSを利用したインフルエンサーの活用であれば検索エンジンを使わないので、SEOに左右されずにマーケティングが可能です。

SEOの仕様上、アップデートで検索順位が下がってしまったりすることも無くはありません。しかし、インフルエンサーを活用した広告であれば、インフルエンサーの影響力次第にはなりますが安定してアクセスを狙えます。

インフルエンサーを活用する最大のメリットは、集客面でかなり有効であることです。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサー活用のポイント

ここからは、実際にインフルエンサーを活用する際のポイントを解説していきます。

インフルエンサーの属性を見極める

どんなに影響力のあるインフルエンサーでも、ふわふわ可愛い系なのにド派手なキラキラした商品の広告塔にするなど、ミスマッチが生じる場合があります。

そして、このミスマッチはできる限り少なくすることでターゲットに合わせたマーケティングが可能になります。

起用しようと思っているインフルエンサーがどんな属性なのかを、しっかりと見極めることが大切です。

生活スタイルやイメージに合うかどうか

普段からライフスタイルや思考などを発信しているインフルエンサーは、企業側の売り出したい商品やサービスとマッチするのかを考えなければなりません。

ここであまりにも生活スタイルがかけ離れたインフルエンサーを起用するぐらいなら、ネット広告を出しても変わらなくなり、メリットが薄れてしまいます。

フォロワーのアクティブ率を確認

最後に、インフルエンサーのフォロワーはアクティブなのかどうか、エンゲージメントなどを確認する必要があります。

今はSNSのフォロワーを買える時代です。超有名企業でもフォロワーを数十万買うこともあるので、全てを否定はできませんが、フォロワー自体がアクティブでないと見せかけのフォロワー数となり、企業の売り上げアップ、販売促進には繋がらなくなります。

インフルエンサー活用についてのまとめ

現代はインフルエンサーを活用した広告が主流になりつつあります。

Google広告やYahoo広告にはないメリットを生かして起用するインフルエンサーを選ぶことで、効率的にマーケティングが行えるようになりました。

インフルエンサーだからこそ発信できるものであったり、出せる味があり、それはネット広告にはない要素です。その点を意識しながら、インフルエンサーマーケティングを行うことが今後のネットが普及していく普及時代には必要となっていくでしょう。

インフは広告ニーズとインフルエンサーを
マッチングするサービスです

インフの仕組み

inf(インフ)のメリットはこちら

  • 最小は600円~から!広告予算も自由自在に管理!
  • 広告知識が必要なし!インフルエンサーからの広告提案!
  • チャットでインフルエンサーと詳細な打ち合わせが可能!
  • 原則、広告審査・本人確認なしだからスピーディーな依頼が可能!*1
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単会員登録し、最短5分で依頼できる!
  • 幅広いジャンルに精通したインフルエンサーが登録中!
  • *1 運営判断により、ご本人様確認証を求める場合がございます。

inf(インフ)で簡単マーケティング 始めるならこちらから
30秒でカンタン無料会員登録 インフルエンサー・依頼主どちらでも無料で登録できる。会員登録して利用を始める
募集
する
メニュー ログイン 検索 ガイド 募集