インフルエンサーマーケティングとステマの違い

  1. HOME
  2. インフルエンサーマーケティングとステマの違い
インフルエンサーマーケティングとステマの違い

今回はインフルエンサーマーケティングとステマの違いについて解説していきます。そもそもこの記事を読む前に、インフルエンサーマーケティングとステマのそもそもの言葉に意味と使われ方がはっきりとはわかっていない人も多いと思います。

そのため、この記事の構成として、まずはインフルエンサー、インフルエンサーマーケティング、ステマの三つに関して説明をして、それから違うポイントを比較しながら展開していきたいと思います。

それではさっそく本題に入ります。

インフルエンサーとは?

インフルエンサーの種類

インフルエンサーは、語源を辿れば英語の「influence」が元になっていて、影響を与えるという意味があります。よって、インフルエンサーとは、一言でいってしまえば、影響力を持っている人ということになります。 もっと具体的に説明するなら、SNSなどで活躍するインフルエンサーは、他者へ購入を促す力を持っている人のことを指すこともあります。

そんなインフルエンサーですが、言い換えるならば、ブログでアフィリエイトなどで成果を出しているブロガーや、多くのフォロワーを抱え人気があるインスタグラマー、面白い動画や有益な動画を出しているYouTuberなどもインフルエンサーと言えます。

インフルエンサーの種類

そんなインフルエンサーですが、一口にインフルエンサーと言っても、それぞれにレベル、クラス分けのようなものがあります。

1.トップインフルエンサー

フォロワー数は100万人からが目安です。特徴としては多くの人の元へ情報を届けることができるリーチ力は強いですが、そこからユーザーが何かのアクションを起こす確率であるエンゲージメント率は低いです。

2.ミドルインフルエンサー

フォロワー数は10万人からが目安で、リーチ力はトップインフルエンサーに続きやや高めですが、エンゲージメント率はやや低いです。

3.マイクロインフルエンサー

フォロワーは1万人からが目安で、リーチ力はやや低めです。しかしエンゲージメント率はやや高めになってきます。

4.ナノインフルエンサー

フォロワー数は1万人以下からが目安で、リーチ力は低いです。しかしその分、エンゲージメント率はこれまで紹介してきた四つのインフルエンサーの中で最も高いです。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、強い影響力を持っているインフルエンサーに、企業や団体がお金を払う代わりに、その製品やサービスを紹介してもらうというものです。こうすることで、多くの消費者やそのインフルエンサーのコミュニテイに、製品やサービスをアピールすることができます。

かつては企業から消費者へダイレクトでPRを行うのがメインでしたが、現在ではこのようなインフルエンサーマーケティングも、企業や団体が使い得る手段になりました。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

ステマとは?

ステマとは、ステルスマーケティングのことで、その宣伝が消費者や購入を検討している人に、企業のPRであることに気づかれないように、宣伝を行うことです。そんなステマですが、世間的にはあまりいいこととされていないため、企業によるステマが発覚した時には、炎上してしまうこともしばしばあります。

そしてこのステマを行う企業は、そのことが発覚することによって信頼を失うことにも繋がってくるので、企業はステマをしないように対策を講じることが必要になってきます。

インフルエンサーマーケティングとステマの違い

インフルエンサーマーケティングとステマの違いについて説明していきますが、違いはたった一つで「その宣伝がしっかりと広告宣伝であることを示しているかどうか」に尽きます。報酬を受け取っており企業からの広告宣伝であるにも関わらず、それを明記しないで宣伝を行ってしまうと、ステマになってしまいます。

逆に、例えばチャンネル登録者が多くいるYouTuberや人気ブロガーが、企業からの案件など一切関係なしに、ある商品やサービスを紹介し絶賛していたとしても、これはステマには当たりません。よく人気のYouTuberさんが何か商品を紹介する時に「これはステマでもないし、この会社の回し者でもなんでもないですよ!」と前置きを置くのは、ステマではなく自分がたまたま見つけたものを本当にいいと思って紹介していますよ!と言った意図があります。

インフルエンサー活用してのステマを防ぐために

ステマを防ぐために

ここからはステマを防ぐための具体的なことに関して説明していきます。ステマが発覚すると、そのインフルエンサーや企業は信頼を失うことになり、致命的なことになりかねません。

そう言ったことを未善に防ぐことが大事になってくるので、紹介していきます。

「インフルエンサーが広告だとしっかりと示す」

企業案件であることを確実にユーザーに示すために、インフルエンサーはその宣伝の中で広告主の名前をしっかりと明記することが求められます。

inf(インフ)の利用メリットはこちら

インフルエンサーに嘘偽りのない情報を発信してもらう

インフルエンサーは情報を多くの人に提供します。そのため情報を偽ってそのサービスを良く見せかけたり、その逆も然りで悪く見せかけたりすると、誤った情報が行き届いてしまいます。

それだけでなく企業や団体などの広告主が偽りで誇張が入った情報をインフルエンサーに流すこと、そしてその情報をユーザーに提供するように強制力を働かせることも、ステマに関わってくる行為になるので、気をつける必要があります。

インフルエンサーにハッシュタグを使ってもらう

ハッシュタグを使うことも有効な手段です。

例えば・・・

具体的には「#PR」「#プロモーション」「#提供」「#タイアップ」などのハッシュタグです。

しかしこれだけを使ったからといって、広告主とインフルエンサーの関係性をはっきりとした形で示していると言うのは少し無理があります。

そのためハッシュタグ単体で使用するのは避け、ハッシュタグと何かを使って(分かりやすく文字や音で示す)いくことで、より良い相乗効果が生まれてきます。

まとめ

今回はインフルエンサーマーケティングとステマの違いについて解説してきました。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

インフは広告ニーズとインフルエンサーを
マッチングするサービスです

インフの仕組み

inf(インフ)のメリットはこちら

  • 最小は600円~から!広告予算も自由自在に管理!
  • 広告知識が必要なし!インフルエンサーからの広告提案!
  • チャットでインフルエンサーと詳細な打ち合わせが可能!
  • 原則、広告審査・本人確認なしだからスピーディーな依頼が可能!*1
  • メールアドレスとパスワードだけで簡単会員登録し、最短5分で依頼できる!
  • 幅広いジャンルに精通したインフルエンサーが登録中!
  • *1 運営判断により、ご本人様確認証を求める場合がございます。

inf(インフ)で簡単マーケティング 始めるならこちらから
30秒でカンタン無料会員登録 インフルエンサー・依頼主どちらでも無料で登録できる。会員登録して利用を始める
募集
する
メニュー ログイン 検索 ガイド 募集